フルオーダー住宅

フルオーダー住宅のメリット

マイホームを建てるという機会は一生に一度、あるかないかというほど人生において大きな買い物となります。マイホームを建てるのであれば、自分の理想を詰め込みたいと考えている人も多いのではないでしょうか。…

フルオーダー住宅のデメリット

フルオーダー住宅のデメリットとしてかならずコスト高が言われます。自分でオーダーできるのであれば、お金をかける・かけないの場所は自分で指定できるのでは?と思われる方もいるでしょう。しかし実際は、「お…

セミオーダー住宅

セミオーダー住宅のメリット

セミオーダー住宅のデメリット

セミオーダー住宅の予算について

フルオーダー住宅の予算について

フルオーダー住宅にかかる費用

フルオーダー住宅を建てる際は何の費用を支払うことになるのか、細かくチェックしておくことをおすすめします。そうすることで、どの部分にどのくらいの金額をかけられるのか、予算をスムーズに決めることができるためです。フルオーダー住宅はまず土地がなければ建てられません。新たに土地を購入するという場合は、土地代を準備する必要があります。建築費用は大きく本体工事費用と別途工事費用の2つに分けられます。本体工事費用とは基礎工事や電気工事など、家の土台となる部分にかかる費用です。別途工事費用とはガスや水道など建物以外にかかる費用のことを言います。さらに土地を入手するための諸費用、各手数料などもフルオーダー住宅を建てる時に考えておきたい費用です。

各予算別の特徴をチェック

フルオーダー住宅にかけられる予算は1人1人異なります。各予算別に立てたフルオーダー住宅の特徴をチェックしてみましょう。今、若い世代に人気なのが1000万円台の住宅です。フルオーダー住宅としては、予算が低い1000万円台の家はシンプルな作りになるのが特徴です。ただ、間取りなどを考慮すれば、少ない予算ながら快適なマイホームになります。予算2000万円台のフルオーダー住宅は、デザインや素材など自分の希望を取り入れられる金額です。この2000万円台という金額は、フルオーダー住宅を建てる際1つの目安となる予算となります。3000万円台ともなると、設備や建築素材もグレードアップできます。例えば床は天然の無垢材にするなども、3000万円台の予算があれば可能です。